▲ページトップへ お問い合わせ・ご相談

武呂具(ブログ)

2018.03.31

事例 屋根工事 板金工事

東京池袋へ出張で屋根工事

年始早々には東京池袋で仕事してきました。

ブクロですよ、ブクロ!

まぁ、別にどうというわけではないんですがね…

 

今回は既存屋根がコロニアルでしたので、既存屋根から横葺板金屋根でのカバー工法をご紹介したいと思います。

 

 

カバー工法下葺材

現状の屋根にゴム改質アスファルトルーフィングを敷き、板金パッチで押さえていきます。

 

谷板 捨棟EPT

 

谷と隅棟には「捨板」を取付けます。

この「捨板」ですが、捨てる板ではありません。

とりわけこのような部位には水が浸入しやすく、微量ではありますが入り込んでしまいます。

そんな水を切るのがこの「捨板」なのです。

ここでは「捨板」の水切り負担を減らすため、スポンジシールも補助として貼り付けています。

 

屋根ジョイント

屋根と屋根の横継ぎは専用のジョイント材を用います。

ジョイント材を使わず屋根同士で嚙み合わせる屋根材が主流ですが、今回の屋根は形状の関係で使っています。

 

 

 

 

谷EPT 隅棟EPT IMG_7490 IMG_7497

各面で葺き上がり、谷と隅棟に仕上げ材を取り付けていきます。

 

 

谷仕上がり 差し棟 換気棟仕上がり

 

最後に換気棟を取り付けて工事完了です。

 

LINEで送る
Pocket

  • よくある質問
  • 施工までの流れ
  • お問い合わせはこちら
  • カテゴリー

  • 山梨県全域対応!お気軽にお問い合わせください!

    関連企業

    無垢材を使った新築注文住宅なら

    ※弊社専務の自宅もここで作りました!

    木材・造作工事のことなら

    望月建築板金の施工事例

    望月建築板金公式Facebook