▲ページトップへ お問い合わせ・ご相談

武呂具(ブログ)

2021.11.20

事例 屋根工事 雨漏り・水濡れトラブル

屋根のカバー工法について

最近屋根の「カバー工法」について聞かれることが増えた気がします。
 
カバー工法とは、既設の屋根を撤去せず、文字通り新しい屋根材を上から被せる(カバーして)屋根工事の方法です。
 
メリットは撤去費用やアスベスト処分(材料に含まれている場合)の費用がかからないこと、元々の雨漏り患部の止水処理は必要ですが雨漏りを直すのに確実。
ガルバリウム鋼板の屋根材を使用するので15年程度はメンテナンスフリーの点ですね。
逆にデメリットは屋根の重量が微増する(それでも瓦屋根よりは軽いですが)、カバー工法で使う屋根材は板金なので雨音が聞こえることです。
 
また板金で滑りやすくなるため雪がすぐ落下しますが、これの良し悪しは立地によってですかね。
 
 
 
タディスセルフ敷き
 
 
住宅ですとコロニアル屋根からのカバー工法が多いです。写真のように既設の屋根の上に粘着性のあるゴムアスルーフィングというシートで防水します。
 
 
 
IMG_6057
 
新しい屋根(ガルバリウム鋼板屋根材)を葺いていきます。
 
 
IMG_5866
仕上がり全景
 
心機一転リニューアル。屋根が新しくなるだけで新築感がグッと上がります。
 
 
玄関上仕上がり全景

玄関周りの鋼板巻き

南側施工前

南側仕上がり全景
 
 
 
 
最後にカバー工法が適用できる一般的なケースをご紹介します。
 
①コロニアル屋根,シングル屋根,トタンの横葺,トタンの縦葺→ガルバリウム鋼板屋根(横葺・縦葺)
 
②金属折板屋根→同型のガルバリウム鋼板折板屋根
 
③スレート波板→ガルバリウム鋼板折板屋根
 
※現状が瓦屋根の場合はカバー工法ではなく瓦を撤去処分してからの「葺き替え」となります。
 
カバー工法による屋根葺きは弊社が得意としているところです。
検討中の方は是非ご相談下さい。

LINEで送る
Pocket

  • よくある質問
  • 施工までの流れ
  • お問い合わせはこちら
  • カテゴリー

  • 山梨県全域対応!お気軽にお問い合わせください!

    関連企業

    無垢材を使った新築注文住宅なら

    ※弊社専務の自宅もここで作りました!

    木材・造作工事のことなら

    望月建築板金の施工事例

    望月建築板金公式Facebook