▲ページトップへ お問い合わせ・ご相談

武呂具(ブログ)

2019.06.13

DIY 事例 板金工事 雨漏り・水濡れトラブル

風に飛ばされた棟の板金役物対処法

いよいよ暑くなってきましたね。ι(´Д`υ)

今年は冷夏になるとニュースで言っていましたが毎年そんなこと言ってね?

 

さておき、雨上がりの後は風が強くなりますが

地域によっては非常に強い風が吹きます。

 

 

施工前 下地状態

 

そうすると棟の板金役物が飛ばされることがままあります。

特に軒先側の隅棟板金役物が飛ばされやすいですね。

 

むき出しの下地が風雨にさらされて腐る寸前です。

当然雨漏りの原因となります。

 

 

施工後 下地状態

 

この下地木材は”貫”と呼ばれる長い板で一般的によく使われるのが

長さ4M、巾90mm(9㎝)、厚さ15mm(1.5㎝)の規格です。

 

尺貫法で呼称すると長さ=丈三(じょうさん)、厚さ=五分(ごぶ)、巾=三寸(さんずん)なので

「五分三寸を丈三で何枚下さい」と言ったりします。

 

 

取替後

 

上記写真は撮影を少々失敗したのですが、下地を取り替えた後は

仕上の板金棟役物・・・いわゆる棟包みを取り付けます。

 

 

補強中

 

破損個所を直した後は既存の棟包みも補強します。

大抵棟包みの横側に釘留めしてあるのですが、経年で釘頭が浮いてくるので

ハンマーで打ち直し、浮き防止にコーキングを打ちます。

補強の釘打ちは棟包みの横側でも構わないのですが、下地である”貫”が劣化して

釘の効きが悪い場合は脳天(一番巾の広い部分)から屋根の下地にコースレッドなどのビスで留めます。

ビス頭にはコーキングで止水処理します。

 

 

補強後

 

棟の板金が飛ばされた場合は火災保険の”風災”が適用されやすいです。

専門業者に足場代金を含む見積もりと写真撮影を依頼し、保険会社に提出してみて下さい。

 

また、下屋根ならば気を付ければDIYでもできますが推奨は致しません。

2階以上は危険なので必ず専門業者に依頼しましょう。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

  • よくある質問
  • 施工までの流れ
  • お問い合わせはこちら
  • カテゴリー

  • 山梨県全域対応!お気軽にお問合せください!

    関連企業

    無垢材を使った新築注文住宅なら

    ※弊社専務の自宅もここで作りました!

    木材・造作工事のことなら

    望月建築板金の施工事例

    望月建築板金公式Facebook