▲ページトップへ お問い合わせ・ご相談

武呂具(ブログ)

2018.06.10

事例 板金工事 雨漏り・水濡れトラブル

店舗の雨漏り修繕

今回我々は天井や壁から雨漏りしているという山梨県甲斐市の現場を訪れた。

部屋の上部にある開口部から雨水が浸入してきたのか、そこでは壁は黒ずみ、壁紙も剥がれかけていた。

これがその写真である。

 

内部雨漏り箇所

 

 

おわかりいただけただろうか…?

もう一度ご覧いただこう…

 

 

 

 

Inked内部雨漏り箇所_LI

 

写真の丸で囲んだ箇所から明らかに雨漏りしている形跡が見られた。

我々現場調査班は急いで外部からの確認に向かった。

そこで現場調査班が見たものとは!?

 

 

施工前排煙

 

何の変哲もない排煙サッシがついているだけである。

しかしそこで調査人はあることに気付いた。

 

 

Inked排煙サッシ上部_LI

 

排煙サッシの廻りには水を切るための役物がついていなかったのである。

確かにこれでは雨漏りしてしまうだろう。

 

 

Inkedパラペット立上り防水劣化_LI

 

また上を辿っていくと笠木の下のパラペット防水が切れている。

以上2点が主だった原因と調査班はにらみ、直ちに行動を開始した。

 

 

【排煙サッシ周りに水切をつける】

施工後排煙

 

パラペットの防水には雨水が浸入しないようコーキングを施し、

排煙サッシ周りには上部と左右に水切りを付け、多少の風雨にも耐え得るようにした。

 

 

施工前笠木  施工後笠木

 

 

またこちらは雨漏りではなく景観を変えるためだが

新たに出入り口上部の笠木もつけかえた。

 

 

数日後、様子をうかがった調査班だが無事雨漏りは止まったという…

 

 

 

LINEで送る
Pocket

  • よくある質問
  • 施工までの流れ
  • お問い合わせはこちら
  • カテゴリー

  • 山梨県全域対応!お気軽にお問い合わせください!

    関連企業

    無垢材を使った新築注文住宅なら

    ※弊社専務の自宅もここで作りました!

    木材・造作工事のことなら

    望月建築板金の施工事例

    望月建築板金公式Facebook